かわ乃の歴史

守り続けている伝統の味

もつ料理かわ乃は、昭和28年創業の博多もつ鍋屋の老舗です。
本来、もつ鍋は「もつ」と「ニラ」だけを秘伝のしょうゆ風味スープで食べるものでした。
かわ乃では昔ながらのもつ鍋を4代に渡り守り続けています。

守り続けている伝統の味

“チャンポン麺”の元祖

その昔、馴染みのお客様が最後の仕上げにもつ鍋に入れて食べてみたいと持ち込んだ「チャンポン麺」がきっかけでした。
その美味しさがほかの人にも広がり、現在はもつ鍋のメニューでスタンダードなものとなっています。
かわ乃はそんな博多の味・もつ鍋を守り続けております。

使用食材へのこだわり

かわ乃のもつ鍋は「キャベツ」や「ニラ」など全て国産有機栽培の野菜を使用しています。
メインとなる「もつ」は国産牛のみを使用しています。
最近までは本来のしょうゆ味のみの提供にこだわってきましたが、お客様の強い要望にお応えし、みそ味もご提供するようになりました。もちろん味噌にもこだわりぬき、京都の3軒の味噌屋をあわせたオリジナル味噌を使用しております。
煮込んでもスープが濃くならず、ニラをはじめキャベツ、茨城産の里芋、ゴボウなど素材の味を大切に最後までタップリ美味しく召し上がっていただける味付けにしております。

使用食材へのこだわり

PAGE TOP