もつ鍋は福岡の【もつ料理かわ乃】でお召し上がり下さい!個室でゆったり本場のもつ鍋をコースで楽しめるお店・馬刺しなど単品のメニューも充実~もつ鍋の歴史~

もつ鍋は福岡の【もつ料理かわ乃】でお召し上がり下さい!個室でゆったり本場のもつ鍋をコースで楽しめるお店・馬刺しなど単品のメニューも充実~もつ鍋の歴史~

もつ鍋は福岡の【もつ料理かわ乃】でお召し上がり下さい~個室でゆったり鍋をお楽しみいただけます~

もつ鍋は福岡の【もつ料理かわ乃】でお召し上がり下さい~個室でゆったり鍋をお楽しみいただけます~

もつ鍋福岡で食べようとお考えの方は、本場の味をご提供する【もつ料理かわ乃】へお越し下さい。もつ鍋は福岡が発祥とされる鍋で、今では全国的に食べられている有名な料理です。

【もつ料理かわ乃】では昔ながらのしょうゆベースのスープのもつ鍋をご提供しておりましたが、お客様のご希望にお応えして、味噌ベースのもつ鍋もご用意しております。

ニラを始め、キャベツ、里芋、ゴボウなど素材の味を大切にした味付けです。ゆっくりお食事できる個室もご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

もつ鍋の発祥・歴史

もつ鍋の発祥・歴史

鍋料理そのものはかなり古くから伝えられている料理ですが、もつ鍋に限ってはそうではありません。どこの誰が発見したという話は定かではありませんが、最初に食べ始めたのは戦後間もない時期に福岡で炭鉱夫として働いていた方々だと言われています。

この時のもつ鍋は唐辛子とごま油で炒めたもつを、ネギと一緒にしょうゆ味で煮たすき焼き風のものが一般的でした。周知の通り、豚や牛は人類の歴史において食肉用として重宝されていたにも関わらず、なぜその一部であるもつは食べられてこなかったのでしょうか。

諸説ありますが、もつと同じ意味の「ホルモン」という言葉の由来は関西弁で「放るもん」、つまりいらない部位として扱われていたから、という背景があったようです。

しかし、戦後間もない時期は食べるものがほとんどなかったので、もつを鍋にして食べるようになりました。それから具材にキャベツを入れるようになったり、しょうゆベースのスープの他に味噌ベースのものが誕生したり、締めに麺やご飯を入れたりと現在の形に発展していきました。

福岡でもつ鍋を食べるなら【もつ料理かわ乃】~コースはもちろん馬刺しや餃子などの単品メニューも充実~

福岡でもつ鍋をご提供する【もつ料理かわ乃】は、昭和28年に創業した、いわばもつ料理がまだまだ新しい料理であった時代から続いているお店です。個室で過ごしやすい店内で、美味しいもつ鍋のコースをお楽しみいただけます。他にも馬刺しや一口餃子など、九州・福岡名物のサイドメニューもご用意しておりますので、福岡にお越しの際は、是非【もつ料理かわ乃】へご来店下さい。

【もつ料理かわ乃】のコラム一覧

福岡でもつ鍋を提供する老舗【もつ料理かわ乃】

店舗名 もつ料理かわ乃 春吉本店
住所 〒810-0003 福岡県福岡市中央区春吉2丁目16−8
電話番号 092-761-2926
URL http://motsunabeya.com/

PAGE TOP